脳型情報処理

脳型情報処理 - 非ノイマン処理への道
脳型情報処理 - 非ノイマン処理への道 
武者 利光 小杉 幸夫 小谷 泰則

今回のロボコンのプログラミングモデルの参考になるかなと思い読んでみました。

本書では、「脳波から感情が推定でき、喜・怒(=ストレス)・哀・楽はそれぞれ直交したベクトルとして表現できる」、「『やる気』が計測できるようになってきている」といった最近の脳波に関する知見や、脳をモデル化し画像処理へ応用した例などがコンパクトに解説されています。数式も大学初年度程度の知識があれば十分読みこなせるレベルです。この分野に興味があり一般向け科学雑誌では物足りない人にはお勧めです。

脳波の測定について試すのは個人レベルではちょっと難しいですが、第5章の脳型情報処理の応用についてはある程度実装できそうなので試してみたいと思います。

なおこの本は「知能情報科学シリーズ」としてシリーズ化されるそうです。現時点では、以下の本も出版されています。

代数幾何と学習理論
代数幾何と学習理論 
渡辺 澄夫
 初出: 2006/05/05 00:01 ささお * 内容は随時追記・更新しています。
| 書籍 | comments (0) | trackback (0) |このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークする

  
AMAZON
CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<   10 - 2017   >>
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
LINK
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥