Bluetooth RS232 シリアルアダプター AKC121

右Network Devices: Bluetooth RS232シリアルアダプター



ダイヤAKC121 動作確認手順 (Windows XP SP2の場合)

0. 用意するもの

(ハードウェア)
- SPP (Serial Port Profile)対応のBluetoothモジュール (Bluetooth v1.2以上に対応したもの)
  右Amazon.co.jp:BT-01UDE Bluetooth USBアダプタ (AKC121と接続できることを確認済み)
- USB-シリアル変換ケーブル
- D-sub 9 pin シリアルクロスケーブル
- AKC121
- 5V電源
基板に直接電源を供給する例



(ソフトウェア)
- UTF-8 TeraTerm Pro with TTSSH2 (右 窓の杜: UTF-8 TeraTerm Pro with TTSSH2)
COM1~4だけではなく、COM99までをサポート

1. 接続準備
(準備中)

2. 接続確認

AKC121 側から以下のKCコマンドを実行する。AKC121のデフォルトの通信設定は、115200 bps, N81, ハードウェアフロー, 改行コード=CR であるので、TeraTerm等の設定をあらかじめ行っておくこと。

AT+ZV EnableBond (PC側のID12桁) (任意のパスワード)
AT+ZV SPPConnect (PC側のID番号12桁)


例: ID 000a94021234 のデバイスに対して、PINをhogehogeに設定
AT+ZV EnableBond 000a94021234 hogehoge
AT+ZV SPPConnect 000a94021234


ここまで入力すると Windows側でデバイスが発見されパスワード(デバイスキー)を求められるので、上記で設定したパスワードを入力する。これ以降は通常のシリアル通信と同様に動作する。

3. 自動接続
任意のシリアルケーブル接続デバイスと接続する場合、接続デバイス側でATコマンドを発行することができないことが普通である。AKC121をあらかじめPCに直接接続してSmartCableSetupモードに設定しておくことでこの問題を解決できる。

AT+ZV SmartCableSetup (PC側のID12桁) (自動接続リトライ数: 0~999) (リトライ間隔: 1~1000x100 ms)


例: 接続が切れた場合、3秒間隔で100回自動リトライする。
AT+ZV SmartCableSetup 000a94021234 100 30


この指定を無効にする場合は、接続が切れた状態で以下のコマンドを実行する。

AT+ZV DeleteSmartCable


4. 通信速度の変更
以下のコマンドで通信速度が変更可能である。これは電源を切っても値が保持される。一時的に変更したい場合には ChangeBaud コマンドを利用する。
AT+ZV ChangeDefaultBaud (通信速度/bps)

なお、設定可能な通信速度は、9600, 19200, 38400, 57600, 115200 (出荷時), 230400, 460800, 921600 bps である。

例: デフォルトの通信速度を 38400 bps に設定する。
AT+ZV ChangeDefaultBaud 38400

 初出: 2006/04/30 03:24 ささお * 内容は随時追記・更新しています。
| 技術メモ::ハードウェア | comments (0) | trackback (0) |このエントリーを含むはてなブックマーク このエントリーをはてなブックマークする
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://tmp.junkbox.info/tb.php/9
トラックバック

  
AMAZON
CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<   08 - 2017   >>
COMMENTS
TRACBACK
PROFILE
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
OTHERS
LINK
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥